Canon越しの世界

スウェーデンでの生活を、自分の目とカメラを通して、ゆるく発信していきます

スウェーデンに着いたよ

無事に着きました!

バタバタしてて、Wi-Fiも寮になくて、なかなか書けなかったんですが、生きてるよ。


f:id:KanonCanon:20160818151051j:plain



f:id:KanonCanon:20160818151746j:plain


成田からコペンハーゲンまで12時間弱のフライト。スカンジナビア航空で行きました。写真はコペンハーゲン空港。


そうそう、これコペンハーゲン空港の荷物が回転寿司みたいに流れてくるところにあった遊具!これ以外にもたくさんあった。


f:id:KanonCanon:20160818153648j:plain


今まで12ヶ国に行ったことあるけど、こんな子どものためのものが置いてあった空港は初めて。北欧の子どもを大事にする文化が、こんな小さなところで垣間見えたのが、なんだかすごく嬉しいなぁ。これからもアンテナをピンと張って、たくさんの発見をしたいものです。


そして新幹線みたいな電車に乗り換えて、ルンドまで約30分。

そこから見える景色に思わずため息をついちゃうほど!海を渡るんです。

でも国境をいつ越えたのかがあんまわからなかった。ぬるっとスウェーデンに入国しました。


f:id:KanonCanon:20160818151425j:plain


ルンド駅だよ

f:id:KanonCanon:20160818151905j:plain



ルンド大学に着き、あるオランダ人からやたらウインクをされ、いろいろ手続きを終えて、寮に帰った。夜の10時に日が沈むから、ちょっと体内時計が狂った。


f:id:KanonCanon:20160818152326j:plain



私の寮は共同のキッチンなどもなく、本当に一人暮らしってかんじ。

白で統一された部屋に映える、オレンジのカーテン!住み心地は抜群です。窓からは満月が見えたよ。


寮に着いて、まずスーツケースから日本から持ってきた世界地図を取り出して壁に貼りました。日本の部屋にも貼ってたもので、とっても安心した。


8000km離れた日本だって同じ1枚の地図の中にいて、なんなら195ヶ国収まってるし、世界は小さいなぁ。世界のどこでもいけるなぁ。ここで世界中に友達を作れるなぁ。って思えた。


f:id:KanonCanon:20160818152515j:plain


スーパーに行く時間がなかったから、トイレットペーパーがなくて、隣の部屋にピンポンしに行ったらネパールから来た女の人2人とfamilyになった。お腹からぐほおおお!!!ってすごい地鳴りがして、赤面してたらブレッドといちごジャム出してくれて、半泣きで食べた。私たちはもう家族だから。って言ってくれて、ちょっと酸っぱく思えたいちごジャムもとろけるくらい甘くなって。1時間くらいお話して、トイレットペーパーをお土産にもらって部屋に戻った。


そうだ、お腹空いたら言葉も通じないスーパーに行かなきゃなんだ。

生きなきゃーって実感した。


人ってあたたかい。

ネパール行きたい。

この国をもーっと愛したい!


スウェーデン1日目。

今日も生きることができました。


明日もいい日になりますように。