Canon越しの世界

スウェーデンでの生活を、自分の目とカメラを通して、ゆるく発信していきます

これもまた一興

f:id:KanonCanon:20160922203859j:plain

 

朝起きて、洗濯をして、好きな音楽を流し、服やタオルをハンガーにかけながら柔軟剤の香りにふんわり包まれる朝でした。柔軟剤サイコー!って叫びたくなるくらい、幸せだった朝10時。

 

 

ちなみに写真は、お昼に食べたじゃがいも!と愉快な野菜たち。カレーとマヨネーズのソースがすごくおいしかった。coffee breakっていうお店で食べたよ。3回目です。一番気にってます。誘ってくれたのはSpenser。今日もたくさん英語教えてくれました。

 

 

f:id:KanonCanon:20160922204506j:plain

 

私も日本語教えたよ。「最近みんなが使ってるスラングを教えて」って言われたから、「まじウケる」「イケメン」など、教えた!本当におもしろいときは「わろりんぬ」って言ってみ!って言ったんだけど、「わろるぃんぬぇ」ってかんじで、発音がちょっと難しそうだった。私もあんまり言わない言葉だけど、Spenserが広めてくれたらいいなぁという願いを込めて、「わろりんぬ」を託しました。

 

 

f:id:KanonCanon:20160922205114j:plain

 

かわいいうさぎが描かれたラテ!飲んだら、うさぎの顔が【閲覧注意】ってくらいゾンビみたいなおぞましい顔になったから、ここには写真のっけない。

 

 

 

f:id:KanonCanon:20160922205400j:plain

 

そのあとは授業に行ったよ。先週からModern Designの先生が、炊きたてほやっほやの新米先生に変わりました。緊張してて、「がんばれ!」って応援したくなるような先生。授業の最後に「これは僕が教授になってから初めてのクラスなんです」って言ったら、学生みんなあたたかい拍手。ほっこりしました。

 

 

 

ここまでとてもいいかんじで1日は進んでいました。でも、夕方4時5分。砂利道で盛大にずっこけました。チェーンにひっかかった。「どんっ」って鈍い音を響かせながら、右半身不随になるんじゃないかってくらい、右肩、右腕、右腰、右膝、全部地面に叩きつけられた。倒れるとき、景色がスローモーションで見えたなぁ。

 

周りの人が見て見ぬふりをして、でも肩をぷるぷる震わせていたのを私は見逃さなかったよ…。すごいダサかっただろうなぁ。でも、横にいた友達と爆笑できたことが救いでした。ずっとゲラゲラ笑ってたらあんまり痛みを感じなかったんだけど、やっぱり後からじわじわ痛みが来てます。涙の代わりに、膝から血がちょっと出ました。あざがまた増えてしまった。(前のは木の棒が右すねにあたったときにできたあざで、今は青がかった紫のパンジーみたいな色になってる)

 

 

f:id:KanonCanon:20160922211658j:plain

 

 

いいかんじに夕陽を浴びていた図書館の前で、血をティッシュで拭きながら友達を待ちました。友達と会って、アムステルダムへの旅行の話をし、そのままsushi partyに向かったよ。

 

 

f:id:KanonCanon:20160922210928j:plain

 

こっちに来てから寿司食べたのは初めて!

醤油とかごま油をつけて食べました。醤油が日本のものとはちょっと違って、私にはごま油をつけて食べたほうがおいしく感じられた。

 

 

f:id:KanonCanon:20160922211236j:plain

 

シンガポールからの子が多かったかな。シンガポールの子の英語がどうしても聞き取れなかったな…。中国語っぽかった。「シングリッシュ聞き取れないでしょう!ははは」ってみんなの前でネタにしてたけど。でも数時間一緒にいたら、少し慣れました。いろんなアクセントを持った英語に触れられるのも、いい経験!

 

 

 

スウェーデンに来てから37日目。

この年にしてあざ2つも作って、膝にばんそうこう貼ってるなんて、かなりダサい。

けど、今週は絶対めげない週間なので、「これもまた一興!」って思って、立ち直ります。

 

 

よく考えたら、ふわふわな柔軟剤も、かわいいラテのうさぎも、あたたかい拍手も、わくわくする旅行の話も、おいしいお寿司も全部今日1日にあったことだ。トータルで見たら、ずっこけたことはもみ消されるくらい、いい1日でした。

 

 

明日もいい1日になりますように。