読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Canon越しの世界

スウェーデンでの生活を、自分の目とカメラを通して、ゆるく発信していきます

囚われの宇宙人体験@ユトレヒト

f:id:KanonCanon:20161105201154j:plain

 

オランダ最後の日はユトレヒトでまったり過ごしました。きれーい…。

 

 

実は昨日、アムステルダムから帰るとき、ちびりそうなことが起きました。

電車に乗るときには改札でピッとカードをタッチしなきゃいけないんですが、改札が日本と違ってすんごくゆるいので、けっこう無賃乗車する人が多いみたいです。だから電車内で駅員さんが抜き打ちチェックをしに来ます。黒人のムキムキラッパーみたいな駅員さんが来ました。私のカードを小さい機械に差し込んで、払ったかどうかを確認されました。

 

君、払ってないね。お金

んなこたありません

無賃乗車したってことになるから

え、ピッてやりました。ほんとです

 

本当にタッチしたんです。

でもよくよく思い返すと、なんか画面が黄色に光ってた気が…。

カードの残額が足りてないよって改札の画面に書かれていたのかも(オランダ語)。

でも改札のバー(?)みたいなのも全開だったので、普通に電車に乗りました。

 

血の気がささーーーっと引いていきました。

 

 

罰金、50ユーロ、払って

え、ちょ、はい、(しゃーない…6000円かぁ…)

 

 

でも財布を見たら、2000円分くらいしか入ってなかった。

 

 

カードでいいですか?

現金しか受け付けない

 

 

えー、困ったなぁ。めっちゃ困った顔しました。沈黙が流れます。車内の空気がものすごく不穏で、周りの人の目線も「うわ、あいつ無賃乗車してやがる」ってかんじ。

 

 

パスポート見せなさい

持ってません。お家にあります

 

 

パスポートはもうなくしたくないから、持ち歩かないようにしていました。

 

 

友達と来てるの?

はい

じゃあ彼らに電話して持ってきてもらって

 

 

オランダでは携帯で電話できません。

スマホWi-Fiがないとなんもできません。

 

私、逮捕されるんですか

 

なんで注意してなかったんだろう…。

スマホの充電も切れそうだし、寒いし、この駅員さんこわすぎだし、周りの視線がだんだん憐れみに変わっていくし。

 

駅員さんはトランシーバーでなにやらオランダ語で話し始めました。

 

一匹、捕獲しました

 

にしか聞こえなかった…。

無理無理無理!お家に帰りたいよう!

四面楚歌!

 

 

そこで最寄り駅に着きました。ラッパー駅員に腕を軽く捕まれ、電車から降りました。

 

ぽりすって背中に書かれた男の人が4、5人くらいぞろぞろ歩いてきた。しかもみんなオランダ人。世界一平均身長が高い国オランダの男。進撃のなにかみたいだった。ムキムキの駅員がたぶん「こいつだ」的なことを言って、ぐるっと囲まれました。もう本当に無理でした。デカすぎます。私は囚われの宇宙人。こんな映画みたいなことあるのかなって思いました。恐怖でした。

 

許してください、ただの学生なんです、電車のことわからなくて、チャージ額足りてないってことに気づかなくて、ほんとです、please forgive me God!! please, sir!! ひっくひっく」って言いまくった。

 

女優かってくらい、ボロボロ涙を流しました。私が女優になったら、この体験を思い出して泣くシーンで涙を流そうと決めました。

 

ぽりすは優しかった。ラスボスみたいなのが出てきて、どうしたんだって聞かれたので、説明しました。こういう時、英語がいまだかつてないくらいスラスラ〜っと出てくるものなんですね。あまりにも憐れだったのかわからないけど、ラスボスは許してくれました。チケット売り場で、アムステルダムからユトレヒトまでの値段を払い、ラスボスに「ごめんなさい、ありがとうございました」って言ってから、お家に帰りました。

 

 

まぁそんな体験も家に帰って、みんなに話して、笑い話になったからよいけど…。

みなさん、改札はとくに気をつけてください。カードにお金がなくても、改札は塞がれず、通れちゃうので。

 

f:id:KanonCanon:20161105205759j:plain

 

そんなこんなで最終日は運河沿いで、おいしいパンケーキ食べたよ。

そのあと私は美術館に行ってきた。

 

f:id:KanonCanon:20161105210102j:plain

 

お気に入りの1枚。

 

f:id:KanonCanon:20161105210207j:plain

 

なんか近未来。

 

f:id:KanonCanon:20161105210317j:plain

 

荘厳な教会。

 

f:id:KanonCanon:20161105210403j:plain

 

小さな商店街。

 

 

f:id:KanonCanon:20161105210446j:plain

 

さくさく落ち葉。

 

f:id:KanonCanon:20161105210612j:plain

 

ミッフィーの著者はオランダのユトレヒト出身なんです!

 

その目の前にあるcentral museum 行ってきたよ。

 

f:id:KanonCanon:20161105210749j:plain

 

わぁぁぁ懐かしい!お土産屋さんはミッフィーだらけ!

 

f:id:KanonCanon:20161105210958j:plain

 

ミッフィーの展示コーナーもありました。

 

f:id:KanonCanon:20161105210840j:plain

 

んー、モダン

 

 

f:id:KanonCanon:20161105211107j:plain

 

洗練されてる。

 

f:id:KanonCanon:20161105211449j:plain

 

ミッフィーは、オランダでは nijntje っていうみたいです。なんて読むのかわからないけど、なんか強そうですね。このシールは、美術館でミッフィーのファンなの?あげるよこのシール!って係員の方からもらいました。

 

 

そっから家に帰って、空港に行き、空港の待合席で夜を過ごし、帰って来ました。

ルンドに着いた時の安心感がすごかった。

 

 

たーっくさんのものを体験した旅でした。

 

f:id:KanonCanon:20161105212257j:plain

 

オランダは自由で素敵な国でした。

また行きたい。

 

好きな国がひとつ、増えました。