読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Canon越しの世界

スウェーデンでの生活を、自分の目とカメラを通して、ゆるく発信していきます

無事に、はたちになれました。

f:id:KanonCanon:20170303024315j:plain

 

 

誕生日は1週間以上前のことですが、書いておきます!

たくさんのお祝いのメッセージ、本当にありがとうございました。

ひとつひとつのメッセージを読みながら、その人との時間を思い出して、あったかい気持ちになれました。嬉しかったです。

 

スウェーデンで迎えた誕生日では、友達とわちゃわちゃして、0:00になった瞬間ハッピーバースデーソングを歌ってもらい、20年前の誕生日にあげた産声みたいな声で泣きまくって、幸せすぎて死ぬ…と思ってたら、知らない間に死んだように眠ってました。

 

20才になって初めての朝、起きて机の上のワインやケーキやプレゼントを見て、またあたたかい気持ちがぐわぁっとこみ上げてきて、3度寝した…(日曜日でよかった)

 

はたちかぁ。

どうやったらおとなになれるんだろう。

少しずつおとなになっているのかな。

背伸びしておとなにならなくていいか。

こどもの部分もあるおとなになりたいな。

 

とか考えてたら、4度寝しそうになった。

 

私にたくさん影響を与えてくれる人、

いろんな世界を見せてくれる人、

くだらないことで一緒にゲラゲラ笑ってくれる人、

いつも励ましてくれる人…

 

本当にありがとう。


そして、20年間たくさん愛して私を育ててくれた親に、心から感謝です。

 

スウェーデンに来て、本当に私は親に恵まれていたんだなぁと実感します。

産んでくれて、育ててくれて、ありがとう。

って直接言えなかったけど、心からそう思ってるよ。

 

子育てに成功とか失敗とかないと思うけど、

私はこの2人に育ててもらってよかったなぁと思う。

 

私の親も、私が20歳にまるまでの子育て期間を楽しんでくれていたら、これからの私の成長を楽しみにしてくれていたら、嬉しいなぁ。

 

私が歩けるようになったとき、

文字を書けるようになったとき、

九九を全部言えるようになったとき、

かけっこで2位になったとき、

受験やめたいって言ったとき、

アフリカに行きたいと頼んだとき、

スピーチコンテストで賞を取れなくて悔し泣きしたとき、

友達とけんかしたとき、

恋が終わったとき、

バイト先に来てくれたとき、

進路に迷ったとき、

スウェーデンの留学が決まったとき。

 

そばにいてくれて、ありがとう。

褒めてくれて、話を聞いてくれて、一緒に喜んでくれて、涙を拭いてくれて、背中を押してくれて、

ありがとう。

 

20年間生きてきて、それなりに自分の軸ができてきて、

親を親だけじゃなくて1人の人間として見るようになって。

 

改めて、人間として好きだなぁと思いました。

 

 

誕生日は、プレゼントをたくさんもらってハッピーになる日、です。

20回目の誕生日も、友達からたくさんのプレゼントをもらって、おめでとうって言葉をもらって、嬉しかった。

 

でも、20回目の誕生日で、

誕生日という日は、自分を育ててくれた親に感謝する日。

そしてそれをちゃんと表現して伝える日でもあるんだなぁと思いました。

 

はたちになりました、じゃなくて、

はたちになれました、だね。

 

そう簡単になれるもんじゃない。

何事も当たり前って思っちゃいけないね。

 

そんなこんなで、はたちになれました。

思うことはたっくさんあるけど、ここらへんで。

 

これからもどうぞ、よろしくお願いします!

ブログ読んでくれている方、ありがとうございます!!

 

 

明日も、みなさんにとって、いい1日になりますように。