Canon越しの世界

スウェーデンでの生活を、自分の目とカメラを通して、ゆるく発信していきます

キプロスに行きたいんだ

f:id:KanonCanon:20171129172030j:plain

 

 

キプロスのことをふと思ったから、キプロスのことを書こうかな。

 

キプロスって国、全く知らなかったんだ。

 

そのキプロスのことを知ることができたのは、何人ものキプロス人の友達が母国のことを教えてくれたから。

 

キプロスの人って、すごく陽気でフレンドリー!

わいわいするのが好きなイメージがあります。

 

f:id:KanonCanon:20171129172036j:plain

 

ちなみに上の写真は、スロベニアの首都、リュブリャナの町並みです。

 

今年の夏、スロベニアバックパッカーホステルで、2人のキプロス人に会いました。

 

初対面で、「今から飲むけど来るよね?eh?」って屈託のない笑顔で言われたので、今から寝ようと思ってたんだけどまぁいいや!と思い、一緒に飲んできた。

 

 

f:id:KanonCanon:20171129172039j:plain

 

アンドレアスとハリス。

 

2人とも髪の毛がヒッピーみたいで、見るからに「THE・自由人」。

何してるカップルなんだろうって思ったんだけど、youthの団体のリーダーらしい。

世界中で、いろんな文化交流のワークショップをやっているんだって。

 

 

本業はなに?って聞いたら、

 

フルーツジュースを売って幸せになっているんだよ。

 

って言われた。

 

 

とっても素敵な生き方だなぁと思った。

 

 

 

前に書いたキプロスについてのブログ ↓ 

キプロスについて知りたい人は覗いてみてください!

kanoncanon.hatenablog.com

 

 

 

キプロスの歴史をちょっと知っていたし、ブログを書いたこともあったから、

I’m from Cyprusって言われた時、私はOh which part? north? south?って聞いた。

 

 

そしたら、Cyprus is one state. って言われたんだ。

 

 

ドキッとした。

 

 

なんにも考えずに、北と南を分けて考えていた私は、歴史を知っているつもりでいた。

実際今は南北で別れているけど、完全なる2つの国になっているわけではない。

 

彼に、キプロスはひとつなんだよ」と静かに言われ、

なんだかすごく恥ずかしくて、申し訳なくて、もうなんとも言えない気持ちになった。

 

ちゃんと歴史を知らないで発言しちゃってごめんなさい、と謝ったら、

No it’s just reality. It’s not your falut, our falut. 

と笑いながら、私の肩をぽんぽんとたたいた。

 

 

彼が実際住んでいるのは南の方だけど、北にも友達がいるらしい。

反対側に行くためには、身分証明のチェックポイントを通らなきゃいけないんだって。

 

 

43年前、戦争がそうしたんだ。

大通りが、急に、国を分断する線になったんだ。

 

と、まっすぐに私の目を見て話すアンドレス。

 

私の家の近くにある道が、国を分ける道になることを考えてみた。

あんまりうまく想像できなかった。

 

会いたい人がいるけど、道の向こう側にいるから、もう簡単には会えない。ってことが、ある日突然起こったわけだ。

 

 

飲みかけのモヒートを見つめる。

夏の夜風が、グラスについたしずくを優しく撫でる。

 

 

そういう現実が、あるんだ、この世界には。

 

それを教えてくれるのは、紛れもなく、出会った人である。

 

本だと、ふーん。ってただの事実で終わっちゃう。

 

 

でも、人と会って話して、

その事実が個別化されて、誰かの物語となって語られた瞬間、

世界を考えさせられるんだ。いつも。

 

幸せってなんだろう。

戦争ってなんだろう。

平和ってなんだろう。

 

すぐ答えが見つかるわけじゃないんだけど、

自分なりにいろいろ考える時間が多かったなぁ、ヨーロッパの旅は。

 

 

f:id:KanonCanon:20171129172047j:plain

 

ハリスの目でっかい…!私の鼻くらいある!

そしてどこ見てるんだ私…

 

素敵な女性だった。にこにこしてて、優しい人。

私にギリシア語を教えてくれた。

 

乾杯!は、「ヤマス!」って言うんだって。

挨拶とかいろいろ教えてくれたんだけど、モヒートのせいで体も頭もぼーっとアツくなってて、それしか覚えてない。

2人ともずっと「ヤマース!」って言ってた。すごい飲む人たちだったなぁ。笑

 

 

f:id:KanonCanon:20171129172043j:plain

 

 

彼の話や、彼女の笑顔をふと思い出しては、キプロスに行きたいなぁって思ってしまう。

 

次の日、2人とメッセージをお互いに書いて、絶対にキプロス行くからね!私たちも日本に行くからね!って言いながらお別れした。

 

世界がまたちょっぴり近くなった夏の日でした😊

 

 

 

冬ももうすぐですね!

気温もきゅっと下がって、目が覚めるような紅葉がとっても綺麗!

明日もいい1日になりますように!