Canon越しの世界

スウェーデンでの生活を、自分の目とカメラを通して、ゆるく発信していきます

明けましたね、おめでとうございます!

2018年ももうすぐ明けましたね。ちょっと遅くなりましたが、おめでとうございます!

 

2017年はどんな1年でしたか!


私の2017年を漢字一文字で表すなら、「涙」です。

ブログを読んでくださっている方はお察しがつくかもしれませんが、いろんな涙を流した1年でした。いろいろやらかし、涙腺が崩壊することも多々あり、涙の量を合計すると数リットルくらいになると思います。

 

ちょうど1年前くらい。

 

スウェーデンに留学している時、パスポートを持たずに、ふらっとスウェーデンからデンマークに出てしまったことがありました。

 

スウェーデンは途中で法律が変わり、出るときはパスポートチェックがないのに、入国にはチェックするようになったんです。

 

リアルにスウェーデンに帰れまてん。です。笑えません。

 

その時私が所持していたのは、ご臨終なさったSIMロックのかかったスマホと、日記帳、いくらかのスウェーデンクローナが入ったお財布、チョコレートのかけら、ガム、それくらいでした。絶望的に、役に立たないものばかり。

 

パニックになりそうだったけど、まずは落ち着いてチョコを食べ、ガムを噛み、深呼吸をしました。

 

フェリーで帰る予定だったのでフェリーの係員に全力で交渉したけど結局ダメで、

大使館行こうとしたけど閉まってるし、

まずスマホが死んでいたので誰にも連絡できない状態でした。

 

人生酸いも甘いもあるけど、これは最強に酸っぱいわぁ…

 

って思いながら、脳みそをフル回転させ、帰るルートを変え、日が沈みかけている中、走って走ってなんかようわからん涙を警察の前で女優のごとくぼろぼろ流して、なんとか生き抜いてスウェーデンに帰ったときから始まり…

(パスポートの大切さを心から感じた瞬間でした)

 

 

誕生日に数え切れないほどのお酒に囲まれ、友達に祝ってもらったとき。

 

海を越えて家族から優しい手紙が届いたとき。

 

日本に帰る飛行機の中で、頬杖をつきながらもくもくの雲を見ているとき。

 

ポーランドバックパッカーホステルで、自分の中の偏見に気づいてしまったとき。

 

エチオピアの空港でわけも分からぬ不安が押し寄せて来たとき。

 

タンザニアの中学校で、生徒たちから最高の笑顔で “I LOVE YOU” と言われたとき。

 

東京の夜に吸い込まれてしまいそうになったとき。

 

なにかを、だれかを、心から好きだと思ったとき。

 

自分が嫌いになって壊れそうになったとき。

 

それでも、支えてくれた人がいると感じたとき。

 

泣いたなぁ。

 

 

涙の温度も、流した場所も、涙越しに見えた滲んだ世界も、全部鮮明に覚えていて、なんというか、泣いているときって何かを繕うこともできなくて、すごく自分の感情に素直になれる気がする。

 

 

嬉し涙とか悔し涙とかそういう名前が付いていない、色んな感情が混ざりあった涙を流した後は、少しだけ、強くなれた気がします。

 

 

今年出会った、大事にしている言葉があります。

 

 

【出会いが世界を広げ、別れが世界を深くする】

 

 

f:id:KanonCanon:20180111142710j:plain

 

別れが嫌で涙が出そうなときも、ありがとうって言えるようになった言葉です。

メモして毎日のようにこの言葉を見てました。

 

2018年もいろんな出会いと別れがあると思うし、たくさん泣くと思うけれど、

自分の世界がぐっと広く深くなってることを感じながら、感謝できる1年にしたいです。

 

2017年、たくさんの素敵な方に出会えたご縁に、まずは心の奥底から感謝!

 

スウェーデンから帰ってきた夏に、帰国報告会を開いたのですが、その時に「ブログを読んでいます!ファンです!」「いつも元気もらっています!会えてよかったです」とおっしゃってくださった方がいて、とーっても嬉しかった。

 

家に帰ってからその嬉しさがぶわぁぁっとこみ上げてきて、ううううーっと泣いたことはここだけの秘密ですが。

 

ブログを通して、こんな出会いがあるんだぁ…この出会い、大事にしなきゃな。と感じました。

 

ここまで読んでくださって、ありがとうございます!

 

みなさんにとって、2018年もワンダフルな1年になりますように🐾