Canon越しの世界

スウェーデンでの生活を、自分の目とカメラを通して、ゆるく発信していきます

街が、いいにおいなんです

f:id:KanonCanon:20161017054134j:plain


おはようございます。


ずっと思ってたんですが、

街が、いいにおいなんです。


それは、道行く人が、香水をつけているからなんだと気づきました。


すれ違いざまに、ふわぁって香って、

あぁいいにおいだなぁって思う、

そんな一瞬が街中に溢れてます。


ヨーロッパの人は男女問わずみんなつけてる。イタリア人のMicheleは、安い香水をスウェーデンで買ったらしく「スウェーデンの香水クソだな!イタリアの香水が一番いいわ!」って言ってたなぁ。こだわりがあるみたい。


私は、スウェーデンに来る前に大事な友達にもらったMARC JACOBSの香水を使ってます。日本ではそんなに使ってなかったし、ブランドとか疎くて今も全然詳しくないけど、このにおいすごく好きで、つけるだけでテンションがあがります。今日も頑張ろうって思える香りです。



においって大事。


スウェーデンに来てから、一番好きだなぁって思ったにおいは、雨上がりの石畳みの道のにおいです。日本では嗅いだことないにおいでした。


この前自転車で街を走ってたら、なぜか鮭フレークのにおいがする道に出会いました。ものすごく白米が食べたくなった!


しっとりした芝生の道のにおいや、落ち葉を踏んでしゃくしゃくって香ばしい音がする道のにおいも、季節限定です。



ちょっと畳のにおいが恋しくなってる自分に気づいて、自分は日本人だなぁって思います。


帰り道、日本にいた時みたいに「あ、このお家の晩ご飯はきっと豚の生姜焼きだな」とか「今日のご飯カレーだといいな」とか考えることはここではないので、少し寂しい気もしますが。



スウェーデンに来て57日目。

新しいにおいを、覚えています。


明日もいい1日になりますように。