Canon越しの世界

スウェーデンでの生活を、自分の目とカメラを通して、ゆるく発信していきます

北のヴェネツィア!美しすぎたストックホルム

f:id:KanonCanon:20170130021305j:plain

 

 

レポートに追われていますが、ちょっと休憩にブログ書きます。

 

読んでる方にとっても、このブログがほっと息をつく時間だったり、気晴らしになればいいなぁなんて思いながら。

 

ストックホルムに行ったときの写真、ぱーっとのっけます :)

 

 

ストックホルム、めちゃんこ綺麗でした。

ハッと息をのむ瞬間がたくさんあって、息をのんだあと、ちょっと深呼吸して、シャッターを切り、またその景色に目を向けて、はぁーってため息ついちゃうくらい、綺麗でした。

 

私の写真で伝わるかなぁ…ストックホルムの綺麗さ!

伝わるといいなぁ。

 

 

ストックホルムに留学しているトビタテ生の友達あつしとまゆなが、3日間案内してくれました!本当に素晴らしいガイド、ありがとうね!

 

まゆなは、本当に憧れのポジティブマンなんです。一緒に話してて、本当にわくわくするし、楽しい。自分のしたいこと、全部やってる、キラッキラしてる人。

首狩り族の方と一緒に暮らしたり、モンゴルの草原を駆け抜けたり、カナダにオーロラを見に行ってたり。話を聞いてるだけで、もうわくわくゲージがバーンと上がります。

 

 

あつしのことは前に書いたから省略!

 

 

f:id:KanonCanon:20170130022550j:plain

 

雪にズボッッと埋まった図。↑

行ったのは11月の中旬くらいで、雪がかなりたくさん降ったあとに行きました。

何十年ぶりかの大雪だーってみんな騒いでた!

 

雪は、ふわふわでした。倒れても全然痛くない、むしろ超ウェルカムってかんじで包んでくれました。服の中に雪が入って、ひゃあって叫びそうになったけど、ストックホルムマジックといいましょうか、全部オーライ!ってかんじになります。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130033528j:plain

 

かまくらがあった。やっほー!

 

 

f:id:KanonCanon:20170130023103j:plain

 

雪が降ったあとの空気はピンと張っていて、体がきゅっと引き締められます。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130023604j:plain

 

ドロットニングホルム宮殿バロック様式の、荘厳な宮殿。

北欧のヴェルサイユ宮殿って言われてるよ。世界遺産です。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130023809j:plain

 

街全体が雪化粧してて、とっても上品。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130023957j:plain

 

日曜日になると、スウェーデンの人はみんな家で家族とまったりするみたいです。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130030158j:plain

 

行った時は、観光客が多かった!

ストックホルムは、”北のヴェネツィア”って言われてます。

たくさんの水に囲まれてて、小さな島が橋で結ばれてる街です。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130023935j:plain

 

上を向くと、悠々と流れるうろこ雲。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130023820j:plain

 

ここは、なんだろう。ふらっと入ったところ。お城だっけな。忘れちゃった。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130023853j:plain

 

下を向いても、広い空。ダイブしたくなった。静かな空でした。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130025818j:plain

 

空が深かったよ。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130023923j:plain

 

石畳の道。歩き心地がいい。

水たまりに映る景色が全部違うから、ついつい水たまりを見つけては覗いてしまいまし。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130024024j:plain

 

夕日を浴びてる、建物たち。

 

 

 

f:id:KanonCanon:20170130025848j:plain

 

ノーベルミュージアム!入ってないけど、大広場にどーんとありました。

火曜日の夕方5時から8時までは無料らしいです。

ノーベル賞は、アルフレッド・ノーベルさんっていう発明家の遺言によって作られた賞。ノーベルさんはスウェーデン人で、ノーベル賞の授賞式は毎年ストックホルムで行われます。この博物館の中では、受賞者が式の後に晩餐会をするらしい!

 

 

f:id:KanonCanon:20170130030041j:plain

 

おいしいバケット食べた。1000円以上したけど、それが普通らしい。

ルンドから来た田舎っぺにはかなり高く思えたけど…!

シティボーイとシティガールは、なんか垢抜けてた!移動はすべて電車らしい。

東京にいるときは電車で移動することは当たり前だったんだけど、ルンドに来てから空港行くときくらいしか電車を使わなくなって、毎日電車で学校に通う生活が遠いかなたにいってました。

 

ルンドの中は全部自転車で行けるくらい小さな街なんです。交通費かからないよん。

雨降ってもバスは使わず、雨に叩き打たれながらチャリを激漕ぎしてます・・・!

 

 

f:id:KanonCanon:20170130025919j:plain

 

ストックホルムの地下鉄!

ストックホルムにはちょうど100の駅があって、

駅ひとつひとつがモダンユニークなアート。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130023805j:plain

 

燃えるような赤。

このストックホルムに張り巡らせれた地下鉄は、「世界一長い美術館」って言われてます。105.7kmあるんだって!

 

 

f:id:KanonCanon:20170130033824j:plain

 

れいんぼーーーう!電車待ってる時間も、全く長く感じない。圧巻。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130033922j:plain

 

小さな音楽、発見!

 

 

f:id:KanonCanon:20170130033657j:plain

 

アートが身近に感じます。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130030301j:plain

 

left とか、左 とか、文字だと味気なくなる標識も、

こんなかんじで指差してくれたら、ちょっとハッピーになりますね!

 

 

f:id:KanonCanon:20170130030128j:plain

 

ガムラスタンっていう旧市街。本当に綺麗です。

ぜひ行ってみてください、絶対行ってください。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130030106j:plain

 

夕方になると、こんなかんじであたたかいランプの光に包まれます。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130022007j:plain

 

これは夜に撮った写真。道が細くて、迷路みたいになってる!

ちょっとぶれちゃった。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130035822j:plain

 

私がストックホルムで撮った写真の中で、一番好きな写真!

スウェーデンの国旗が、いいかんじに建物のオレンジに映えてる。

 

 

f:id:KanonCanon:20170130033739j:plain

 

 

写真見て余韻に浸ってたら1時間半も経ってたあああ!!

休憩のつもりが!ついつい写真にうっとりしちゃった…。

 

 

2月は、大好きな友達に会いに、ロンドンに行ってきます!

旅をモチベーションに、レポート頑張ります。

 

 

明日もいい1日になりますように!