Canon越しの世界

スウェーデンでの生活を、自分の目とカメラを通して、ゆるく発信していきます

アイルランドでひとり旅!おじいさん編

f:id:KanonCanon:20170311065457j:plain

 

 

今、アイルランドの首都、ダブリンのホステルにいます。

初、ひとり旅です。

いろいろ日本帰ってからのこと、留学中にしたいこと、しなきゃいけないことをじーっくり考えたいなぁ、と思って、ふらっと来てしまいました。

 

 

アイルランドは、世界一フレンドリーな国だと聞いていたのですが、

本当でした。本当に、みんな超絶ウェルカムぴーぽーです。

 

 

どこから来たの?

日本だよ、スウェーデンで今は勉強してるけどね!

わぁぁ遠くからよく来たね!ダブリンはここがおすすめだよ、これとこれもぜひ行ってみてね、素敵な旅になるといいね!

 

…みたいな会話、何回したんだろう。

 

 

店員さんもにこにこな人が多いです。

朝ごはんを食べていたら、ダーリンとかハニーって呼ばれてびっくり。

おいしい?お水いりますか?これは自家製のヨーグルトなの!味わってね!

 

 

小さな会話に、あたたかみを感じます。

 

 

最初英語が聞き取れなくて、アイリッシュの英語ではバスのことをボスに近い発音で言うので全然理解できず、空港からなかなかバスに乗れませんでした。でも、道行く人が助けてくれました、ありがたや。

 

 

そして、素敵な天気だった。

アイルランドはこの時期ずっと天気が悪いので、晴れるのは珍しいみたい。ラッキー!

しかも気温が2桁なんです!!

スウェーデンではずっと1桁で、この前は気温が氷点下かつ雪が降っていたので、こんなあったかい空気に包まれて、春を先取りしているようでテンション爆上がりしました。

 

 

街を散策していたんだけど、かわいいお店ばっかり。

写真たくさんのっけちゃおう。

 

 

f:id:KanonCanon:20170311071101j:plain

 

 

f:id:KanonCanon:20170311071117j:plain

 

 

f:id:KanonCanon:20170311071125j:plain

 

 

f:id:KanonCanon:20170311071133j:plain

 

 

f:id:KanonCanon:20170311071145j:plain

 

 

f:id:KanonCanon:20170311071154j:plain

 

 

f:id:KanonCanon:20170311071215j:plain

 

 

f:id:KanonCanon:20170311071228j:plain

 

 

f:id:KanonCanon:20170311070828j:plain

 

 

f:id:KanonCanon:20170311071442j:plain

 

 

とにかく、カラフル!

黄色いお店の隣に、真っ青なお店、その隣には真っ赤なお店。

道が明るい雰囲気でいっぱい。

 

 

f:id:KanonCanon:20170311071455j:plain

 

 

まだ行ってないけど、おいしいらしいです。このお店。

行ってみたいけど、どの道にあるか忘れた。

 

 

ダイアリーと、水と、ペンと、地図と、財布と、大事なおともであるCanonを持って、街を一日中歩いていました。

 

 

あっ素敵だな!と思ったら、パシャっとシャッターを切ります。

カメラと一緒に行動してるから、全然ひとりってかんじがしない。

 

 

そして、ノープランだと、思いがけなく素敵なお店に出会ったり、素敵な人と出会ったりするので、街角をひとつ曲がることでさえ、わくわくで満ちています。

 

 

 

たまたま入った本屋さんの上の階には、小さなカフェがありました。

 

f:id:KanonCanon:20170311072523j:plain

 

 

新聞を読んだり、文庫本を読んだり。

コーヒーを飲みながらおしゃべりしていたり。

ゆったりとした時間が流れていたよ。

 

 

日が当たる真ん中の席に行って、手帳を開いて、見たもの聞いたもの食べたもの感じたことなどメモしていたら、オレンジジュースとサンドイッチを持ったおじいさんが来た。

 

「ここ座っていいかな。」って聞かれたので、小さな丸い木の机を一緒にシェアした。

 

 

その机は、おじいさんのオレンジジュースとサンドイッチと、私のコーヒーとマフィンと手帳を置くのには少し窮屈だったので、パタンと手帳を閉じて、おじいさんとおしゃべりした。

 

 

彼は、イギリス人の方だった。紳士ってかんじ。

アイルランドになんで来たの?旅行?って聞いたら、

「好きな人がアイルランドにいるからさ。」

って、にこにこしながら答えてくれた。

 

おじいさんと、缶のオレンジジュースが、なんだかいいコンビネーションだった。

 

 

日本で数年働いていたようで、日本が大好きな人だった。

おこのみやき食べたいなぁ。たこやき、てんぷら、ぎゅうすじ、ぎゅうどん、すし。

全部おいしいよね。日本の人もみんな親切だったよ。みんな時間に正確で、きれい好きで。と、サンドイッチを食べながら話すおじいさん。

 

 

私は日本人だけど遅刻するし、部屋はあんまり綺麗じゃないよ、へへ

って言ったら、

僕もイギリス人だけどあんまり皮肉は言わないし、料理できるよ、ふふ

って言われた。

 

 

私がずぼらってことがばれて、

目の前でもぐもぐしているのは、料理ができる皮肉をあまり言わないブリティッシュ紳士おじいさんだってことがわかった。

 

 

日本の文化とか、学生生活とか、いろいろ話した。

スウェーデンで勉強しているんだって言ったら、ほぉそれはいいね。たくさん世界を見てね。って言ってくれた。

 

 

彼は劇関係のお仕事をしている方だった。高校を卒業してから、専門学校に行って、劇の道ひとつで生きてきたらしい。離婚して、一時的に仕事がアイルランドであったときに、アイルランド人の人に恋に落ちたらしい。

 

 

「僕は先がもうないからね、もたもたできないから、彼女を追っかけてアイルランドまで来たんだよ」

 

 

映画にしたいって思った。

 

 

君まだ20でしょ?いろんなことたくさんやりな。こういうふうに旅行するのもいいし、勉強するのもいいし、働くのもいいし、たくさん恋して、たくさん食べて、成長してね。

って言われたよ。重みがあるね、おじいさんに言われると。

 

 

おじいさんはオレンジジュースをこくこくと飲んでから、アイルランドのことについても話してくれた。

 

 

イギリスとアイルランドは隣の国だけど、全然違うね。

アイルランドのほうが、フレンドリーに感じるし、あたたかい。

教育に興味あるんだっけ?

イギリスの教育はかなりプレッシャーがあって、テストで良い点とらなきゃーってかんじだけど、アイルランドの教育はもっとリラックスしてる気がするよ。

アイルランドでは高校1年生になると、1年間のTransistion Yearという期間に当てられるんだよ。学校の普通の授業とかから離れて、学校の外で自分の関心のあることを深く学んでみたり(スポーツ、音楽、外国語、演劇など)、働いたり、ボランティアをしたりする。それもゆるいかんじだけど、いい制度だよね。

あとはアイルランド語(英語ではGaelicって言うらしい、ゲール系の人が話す言葉ってことかな)は今はかなり話せる人が少ない。学校でアイルランド語を学んだりするけど、実際はみんな英語を話すからほぼ使われてないよ。

 

 

なるほどぉ。

アイルランドの歴史博物館に行ったら、英語の下になんか英語とロシア語を足して2で割ったような言葉でも翻訳してあって、なんの言葉だろうってずっと思ってたんだけども、解決した。アイルランド語だったわけか!

 

ちなみに、アイルランド語でありがとうは、Go raibh maith agat らしいです。まったく発音わからないけど!

 

あとは、アイルランド人はイギリスから独立した歴史を大事にしてるなと思った。

 

1801年にイギリス領になったアイルランド

19世紀前半らへんには、カトリック教徒が多かったアイルランドは、プロテスタントが多かったイギリスからかなり制約が課されていたり差別があったんだけども、オコンネルさんのおかげでカトリック教徒を弾圧してた審査法が廃止されて、カトリック教徒解放法が定められた。オコンネル橋(O'Connell Bridge)やオコンネルストリート、オコンネルモニュメントもあるよ。解放者とも呼ばれているらしい、オコンネルさん。高校で彼の名前を習ったとき、激おこねんおこんねる!とか言ってしまい、少し申し訳なくなった。19世紀でイギリスの同化政策によって、アイルランド語は衰退していった。

 

 

…ということをおじいさんは話してくれた。

自分が勉強不足ってことに気づかせてくれてありがとう。

アイルランドの歴史、けっこうあやふやになってた。調べよう。

 

 

f:id:KanonCanon:20170311085318j:plain

 

 

1時間半くらいおしゃべりして、そういや名前聞いてなかったなって気づき、

Nickって名前だと知り、会えてよかったよって言葉を交わしてから、

私は右に、おじいさんは左に歩いていった。

 

 

好きな人に、会いに行くんだって。

 

 

私まで、なんだかくすぐったい気分になった。

 

 

次は、どこに行こうかな、どんな景色に会えるのかな!